読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマワノキワ

TRPGやアニメのことをガンガン書き連ねていくコバヤシのブログ

トーキョーNOVA-Xシナリオ 『Escape From Labyrinth』

・シナリオデータ

シナリオタイトル:Escape From Labyrinth
プレイ人数:2人
プレイ時間:2時間

経験点:任意
最大達成値:ゲストは最大21達成値を出してくる
必要防御神業:神業だけで死亡しないためには、1枚の防御系神業が必要となる。
なお、《脱出》には使用方法が想定されている。

 

・アクトトレーラー

生き馬の目を抜くニューロエイジ、街(NOVA)は迷宮(ラビリンス)だ。
迷路のように入り組んだ運命(アクト)が、お前を捉えて離そうとしない。
欲望に目をギラつかせた悪人(ミノタウロス)がお姫様(アリアドネー)を狙ってるのも、いつもの風景さ。
英雄(テセウス)気取りで怪物をぶっ飛ばしたら、大金持ち(ミノス)が顔を出しやがる。
思わず掴んじまったもつれた糸玉、一体どこで断ち切れるんだろうな?

トーキョーNOVA THE AXLERATION
『Escape From Labyrinth』

赤い糸の先にあるとっておきの運命、お前の腕で引き寄せろ!

 

ハンドアウト

PC1 カゼ

コネ:アリアドネー 推奨関係:気になる(感情)
QS:災厄のカゼ   推奨スタイル:カゼ

相棒のPC2と一仕事終えたキミは、女の子を追い回すチンピラを見かけた。
血の滲んだ裸足、布を引っ掛けただけの粗末な格好。
額に『どこかの実験所から逃げ出してきました』と描いてある女の子が、獣の目をした連中に追い回されてても、この街は気にしない。
ミノタウロスの口の中に、アリアドネーがペロッと飲み込まれても、誰も気にしない。
それがニューロエイジの常識なんだが、あんた、常識的な輩(エキストラ)だっけ?

PS:アリアドネーを助ける

アリアドネー/外見年齢10代前半女性/ハイランダー
色素の薄い外見をした、どこかから逃げ出してきた少女。自分の過去の記憶が定かではない。

・一言
非道い目に合わされそうな女の子の前に颯爽と現れ、悪漢に『やめなよ』っていう立ち位置です。
エキストラをボコって良い気分になってると巨悪がちょっかいを出してくるので、ヒーヒー言ってください。

 

PC2 任意、PC1の相棒

コネ:"高級肉屋"ブチェリー・リッチ 関係:感情(仇敵)
QS:任意              推奨スタイル:なし

キミはPC1の相棒であり、カゼとしてキミの脚になってくれるアイツに足らない部分を補っている。
浅はかにも英雄的に、窮地に陥った少女を助けたキミたちには高額の賞金がかけられ、NOVA中が敵に回った。
この厄介な状況を作ったエグゼク、"高級肉屋"ブチェリー・リッチとは個人的な因縁もある。
金持ちに上からのしかかられて、音を上げるほどキミもやわじゃない。
やったろうじゃねぇか。

PS:リッチとの因縁に決着をつける

"高級肉屋"ブチェリー・リッチ/32歳男性/エグゼク◎
軌道千早に所属するエグゼクティブ。臓器やクローンビジネスに深く関わり、人間性を切り売りして金を稼ぐ若き外道。

・一言
相棒の気まぐれでひどい状況に巻き込まれ、文句言いつつハッピーエンドに向かって頑張る立ち位置です。
リッチとの因縁は一応RLからも腹案がありますが、キャストの設定に合わせて柔軟に作りたい気持ち。