読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマワノキワ

TRPGやアニメのことをガンガン書き連ねていくコバヤシのブログ

プレイレポート 17/05/14 DLH『地獄からの脱出(エクソダス)』

昨日はオンセでデッドラインヒーローズを遊びました。この前作ったオリジナルシナリオを、別メンツで回したよ。

シナリオタイトル:地獄からの脱出(エクソダス) システム:デッドラインヒーローズRPG GM:コバヤシ

新米くん:"落陽の子(サンセット)"赤井夕日:15歳女性:ハービンジャー 全てが赤い夕日に染まった、破滅の未来からの来訪者。来るべきカタストロフを避けるため、無垢な正義を貫く真っ直ぐな少女。エネルギー生命体なので、物理的にアツい。
二次元くん:デッドマントリガー:35歳男性:エンハンスド サイレントサイエンスの改造手術により、この世に蘇った死人(レヴェナント)。死んでも死なない、タフなガンファイターである。棺桶から無限に銃器を取り出し、内藤撃ちしまくるのが得意。
シェンツさん:クライオニクス:外見20代男性:サイオン アイスエイジから復活した、最新にして最古のヒーロー。ティラノサウルス・レックスとすら殴り合える原始の暴力と、ゴツい外見に似合わぬ優しい心を併せ持つ高貴なる蛮人(ノーブル・サヴェッジ)

こんなメンバーが、マッドがマックスな異次元略奪団(プレーンシフト・ヴァンダル)達に反旗を翻し、荒野に愛を取り戻すシナリオです。前回は二人だったんですが、調整して三人になりました。モチベと合流に気をつければ、人数調整は結構楽っぽいですね、DLH。
メンバーが変わると同じシナリオでも展開は変わるもんで、前回は結構常人力が高い感じでしたが、今回はややハイブロウなメンバーが勢揃い。しかし『ヒーローは何であるか』『ヒーローは何故戦うか』という根本的なクエリーをしっかり押さえていれば、空中分解しないのは流石です。
PLもシナリオによく乗っかってくれて、短い時間でボリュームのあるセッションとなりました。判定を絞ることでサクサク進めつつ、ロールは濃厚に出来るよう世界観・システム設計が考えられているところが、このゲームの鋭いところですね。シェンツ先生が普段やらない感じのキャラを好演してて、足腰強いとなんでも出来るなぁと思った。体だけデカいショタ好き。
通算三度目のDLHとなりましたが、だんだんコツというかシステムの癖みたいのも掴めてきて、馴染んできた感じがあります。PLがクエリーを切り出すタイミングが案外難しいかな、って印象。気楽にザパザパ使っていいと思う。基本煮えるようになってるゲームだし。
三時間ほどでスパッと遊び、集中力をいい塩梅に使って楽しいセッションとなりました。やっぱ速さは強さだなぁ。良いセッションでした、同卓していただいた方、ありがとうございました。