読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマワノキワ

TRPGやアニメのことをガンガン書き連ねていくコバヤシのブログ

アイカツスターズ!:第20話『情熱とプライド!』感想

アニメ アイカツスターズ!

千里の道も一歩から! 地道な積み重ねが未来をつくるアイドルアニメ、今週は女優・如月ツバサのお話。
若くひたむきなツバサ先輩の情熱が、見学に来てたゆめに学びを与え、燻っていた老優に火をつける……って話なんだと思うけど、あんまスマートな運び方とはいえなくて、狙ったところに落ちていない感じを受けました。
あんま良くない意味で『普通』というか、大人のマイナスポイントをアイドルがゼロ(もしくは微プラス)にする話は、達成感が薄いですね。

今週はツバサ先輩に重点を置いたお話でして、最高に感じ悪い太陽さんが頑張るツバサ先輩を認めて、もう一度俳優業に燃え上がるお話。
なんだけど、太陽さんが腐っている理由が具体的に説明されなかったので、そっからの復帰にカタルシスが乗らなかった感じがします。
一年生組の誰かがファンだとか、過去プロ意識のないアイドルに引っ掻き回されたトラウマがあるとか、もうちょっと具体的なフックがあったほうが、ツバサ先輩がどういう偉業を成し遂げたのか、より分かりやすかった気がする。

前回のゆず&劇組話ほどトンチキな元気の良さがあるわけでなし、関係性が見える気持ちよさがあるでもなし、シンプルな筋立てと言うにはちと味気ない感じで、正直もったいなかったです。
ツバサ先輩が乗り越える試練も人事を尽くしたけれども襲い来る感じではなくて、露骨に予算とスケジュールがネックのB級アイドル映画であり、『そら太陽さんも腐るよな……』と変に納得してしまったのは、多分お話の狙いではないと思う。
ステージノルマが変な形で入ったのが、最高にアイドルフィルムっぽさを上げててなぁ……いい曲なんだが、ハードなアクションモノの主題歌は合わんだろ正直。


一年組が現場に行く理由はセリフで説明されてましたが、そこをはみ出してツバサ先輩に助け舟を出す要素が一切なく、ただのお客さんだったのも残念でした。
確かにアイドル一年生のゆめ達が、初めての映画撮影の現場で『見学のお客さん』以上になるのは難しいかもしれないけれども、あの子ら一応主役なので、何らかの形でお話の流れに寄与して欲しかった所。
今回手に入れたコネなり経験なりを別のエピソードで活かすにしても、棚ぼた式に手に入れたモノより、ちょっとでも能動性を発揮して掴みとったモノのほうが、見てて心も動くと思うが……。

ツバサ先輩自身は『努力と勇気の人』というキャラクター性を活かして、真っ直ぐに役者道を歩んでました。
あの人の凡人な所も、『アイドルの天井』だからと言って世界全てを動かせるわけではないところも、作品の味として僕は好きです。
ツバサ先輩の話としては癖なく直球で悪くないんだけど、シナリオヒロインに当たるたいようさんとか、ツバサ先輩から学ぶ立場であるゆめ達まで目配せが効いていない、どうも横幅の狭い話だった気がするなぁ、今回は。

そんなわけで、あんまり切れ味鋭いとは言いかねるエピソードでした。
ロングスパンで話を回していく以上、仕上がりにムラが出るのはある程度以上当然なんだけど、シリーズ全体の中でその話が存在している意味みたいなものを、努力して読み取るのではなく自然に感じ取りたいなぁなどと、贅沢なことを思った。
来週はローラVSゆめのライバル対決回になりそうですが、劇場版のブーストもあって美味しい題材です。
キャラの魅力を引き出しつつ、新鮮で横幅広いな切り口で料理して欲しいなと思います。

甘々と稲妻:第8話『明日もおいしいイカと里芋の煮物』感想

アニメ 甘々と稲妻

山あり谷ありの人生を美味しいご飯と愛情で乗り越えていくアニメ、今週は規範の拡大とグリーフケア
参観日からコロコロと話が転がっていって、母の思い出を再演しつつ、思い出を再整形して生き続けなければいけない人の無情と優しさにたどり着くお話でした。
自分の娘相手なんだから土足で踏み込んでもいいのに、『汚れたバッグ』というヨスガに手を入れるに際し許可を取る辺り、犬塚先生の人間の出来方を再確認する話だった……。
血縁だから、年下だから、女だから。
そういう緩みが一切なく、人間としてするべきことをしっかり出来る男は、やっぱ立派だよ先生……。

今回は『イカと里芋の煮物』と『汚れたバッグ』という2つのフェティッシュが同じライン上に乗っかり、過去と現在、そして未来に繋がる生き方をじっくり見据える話となりました。
人は死んでしまったり、間違えてしまうという古来からの宿命について語ってる点では前回と同じなんですが、今回は親子が言い争うこともなく、お互いの気持を穏やかに受け渡しをしていて、いろんな語り口を持っているお話だなと思いました。
波風立てて語れることもあるし、穏やかな語り口で切り取れるものもあるし、ともあれ色々やれるってのは作品として強いことだ。

まず大前提として、母は死んで帰ってきません。
年長さんに上がったからといって新しいバッグを作ってくれることはないし、前と同じ煮物を同じ味で作ってくれることはない。
しかしつむぎは『お母さんを返して』とは言わないし(それを言われてしまったら、あまりの痛ましさに俺耐えられないと思うけど)、オクラと王冠が入った小鳥の煮物を『美味しい』と言ってくれる。
その賢さと物分りの良さが、ほんの少しだけ寂しくて、たっぷりとありがたいエピソードでした。


つむぎは変化を恐れていないし、ロボットのように(もしくは『良い子』のように)母を失った痛みを感じていないわけでもない。
時の流れに押し流されて、時に生病老死の苦しみに直面し、でもたいがいは保育園の先生やお母さん達のように、優しい人たちに見守れながら暖かく行きられる世界で、彼女は彼女なりに、彼女らしく生きている。
今回彼女が煮物を求めたのも、アップリケを許してくれたのも、幼い彼女なりの知恵であり、犬塚先生が許可を求めたのは、そんな彼女の知恵を尊敬しているからだと思います。
そういう部分にきっちりリスペクト持っているの、マジ人間として最大級に尊い行い。

過去≒母/妻の死にしがみついたままでは生きていけないけれども、それを忘れることも出来ない、忘れてはいけない時間を、犬塚親子は生きています。
一見ただの『優しい世界』にみえるこの作品の背景には、常に死の暗幕、時間の残酷な不可逆性が横たわっていて、『食事』はそういうニヒリズムに抵抗するための武器であり、こっちの岸にい続ける歓喜を共有する場でもある。
味覚という個人的感情を集団の中で共有するBパートは、『他人』であるはずのミキオくんのお母さんが、犬塚家の母が死んだ事情を斟酌してくれたり、好意を素直に表すよう諭されたミキオくんがつむぎに『お嫁さんにしてやってもいいぜ?』と言ってくるAパートと、やっぱ繋がっているように思うのです。
主役だけではなく、脇役のミキオくんも人生に学んでジェントルに育っていて、お母さん良い教育してんなぁと思います。

煮物の味は家族の中に埋め込まれた個人史であり、犬塚親子以外には共有し得ない、大切な思い出です。
しかし正式な手順を踏み、傷つきやすい感情に敬意を払って踏み込めば、『家族』や『個人』といった閉鎖系に陥りがちな場所もまた開放され、『明日』に向かってつながっていく。
望むと望まざると、時間の中に置いてけぼりにされてしまった生者はそういうふうに生きていくしかないわけで、仮にそれを拒絶し孤立したら、食事会に出会う前に接近したような魂の荒廃にいつしかたどり着くでしょう。
それは死人に近い生活で、そういうやり方で母/妻に遭う方策ってのも犬塚親子にはあったんでしょうが、幸運にして(もしくは不幸にして)彼らは小鳥ちゃんと出会い、食事をともにし、『明日も美味しい』新しい煮物を食べることにした。
これまで描かれたのと同じように、そんな感じで母/妻とは違う時間の流れを生き延びなければいけなくなった親子は、『昨日』ではなく『明日』に進むことにしたわけです。

親子の『現在』において母/妻の思い出は打ち捨てられるのではなく、むしろ『明日』に向かって生きるための武器として大事にされ、幾度も補修される。
『アップリケで補修されたバッグ』を評してつむぎが言った『おとさんとママの合体』という言葉は、そのままつむぎ自身にも当てはまる定義です。
つむぎが思い出と一緒にバッグを捨てなかったこと、その選択を犬塚先生も尊重し『過去』をアップリケで『未来』に接合したのは、『過去』に縛られるのでも打ち捨てるでもなく、実感を込めてゆっくりと受け入れていく、食卓を映す中でこれまでいくども描写されたスタイルの、別の形な発露なのでしょう。


煮物に込められた家族史すら共有できてしまう食事会は、かなり特別に緊密な空間なわけですが、それ以外の形でもこのアニメの空間は開けていて受容的です。
うんこするために離席したミキオくんを、つむぎは『待っている』と言う。
排泄という個人的な空間にはお母さん以外ついていくことはないけれども、しかし個人的な事情を置き去りに先に進むのではなく、『待っている』ことは他人でも出来る。
場を同じくする食事会と、『待っている』場、参観日という『共有する』場が同じエピソードに描かれているのは、このアニメらしい多角的な描写だなと思いました。

このアニメはBパートに食事会の緊密で個人的な空間を、Aパートにそれ以外の様々な空間を配置する形式で進んでいます。
食事会は人情と共有の快楽がみっしり詰まった、いわば『見せ場』なわけですが、それだけを映し続けても食事会の意味は惹起されない。
犬塚親子と小鳥ちゃんの世界があの小料理屋だけで閉じているのではなく、時間が『現在』だけで止まっているのではなく、関係性が様々な方向に伸びていることをAパートで示せているからこそ、それを集約し整理し共有する場所としての食事会が、豊かな意味合いを持つわけです。
なので、今回Aパートでうんこの話したのは、凄く良かった。
つーかミキオくんとお母さんがタフでジェントルで良かった。

多様性はパートごとだけではなく、エピソードの間にもしっかりかかっています。
前回のような派手な衝突もあるし、今回のようにお互いの心を慮り、なだらかに気持ちを着陸させることもある。
いろんな事が起きつつ、それら全てがキャラクターの人生なのだという統一感を出す意味でも、毎回同じ場所、同じタイミングで食事会という共通の事象が起こるのは、大事なのかもしれません。
多様性と統一性を表現するリズムが上手いのは、このアニメ見てて心地良いと感じる大きな理由なんだろうなぁ……穏やかなムードの中に起伏を感じる。


そんなわけで、開けていて同時に閉じている、思い出を大事にすると同時に前に進む、複雑怪奇な人生運動のお話でした。
小料理屋の閉じた暖かさと、開けた世界のありがたみを同時に描くことで、いろんな繋がり方を肯定しているのは、やっぱり良い。
その主張が声高な説教ではなく、あくまでキャラクターの日々を切り取ったストーリーに収まっているのも、ストイックで強いと思います。
やっぱ良いアニメやね、甘々と稲妻

orange:第8話感想

アニメ orange

真っ直ぐ見つめるにはまぶしすぎる青春の影絵芝居、仲間が増えてく第八話。
菜穂がラブコメラノベの鈍感主人公みたいな動きをしつつ、仲良しメンバー全員が『手紙』を受け取ってたことが解ったり、そこから離れた行動をとってみようと頑張ったり、相変わらずの一進一退でした。
あれだけ支えてくれる仲間がいても、手を繋ぐの繋がないのでドン曇りになる翔の攻略難易度が高すぎて、『一体どこに、何個地雷が埋まっているんだ……』という気になる。
攻略本にはない『みんなでリレールート』に入ったのは、妙手なのか悪手なのか、そこら辺はさっぱり見えません。

という訳で、前回諏訪くんという頼もしい仲間を手に入れ、告白もすんで一件落着ッ! 死亡フラグ解除ゲームクリアー!! という流れかと思いきや、翔がまためんどくさい子と言い始めました。
菜穂と恋人関係になるのを拒んでいるのは、おそらく極度の罪悪感というか、お母さんとそうなってしまったように、自分の愛が人を破滅させることを恐れているからか。
そういう認識で世界を見ているのなら、あくまでうじうじ女子高生のレベルで普通に悩んでいる菜穂が、翔の心に踏み込んでいけないのも、納得は行く。
翔は『死』を常に顔面になすりつけられる世界にいて、菜穂は『死』をリアルに想像できない平和な現実認識を持っているわけだから、これはすれ違うよなぁ。

高校生らしい平和な現実認識の結果、『みんなでリレーを走る』というのんきな解決策が出てきたけれども、精神強度がスペランカーレベルにまで落ちている翔にとって、それがどこまで刺さるか。
視聴者という神の視点から見ればバカらしいことでも、当事者にとっては精一杯ってのはこれまでも描かれてきたことなわけで、効くかどうかはさておき切れる札は全部切っていく必死さが高校生たちにあるのは、僕は好きです。
最善手なんて考える余裕もないし、それをアタマでわかっていても実行できない時だってあるけども、少しでも良い結末を引っ張りあげるべく、等身大の自分に出来ることをやり続ける。
思い返せばはじめからこのアニメはそういう話で、同時に『今の自分に出来ること』から半歩踏み出す勇気の積み重ねで、少しは状況が良くなってもいる気がします。
そういう『半歩ずつの積み重ね』を丁寧に、誠実に描けているからこそ、このアニメの青春の切れ味は瑞々さを失わないのだとも言える。

どっちにしても、母親を殺してしまった(と思い込み、そこからどうやっても脱出できずこのままだと死ぬ)少年の気持ちには、いかに親しい立場でもそうそう踏み込めるものではないです。
心を開いてくれたと思ったらまた閉ざし、手を繋ぐことが出来たと思ったら拒絶される繰り返しの中で、それでも諦めず輝く日常を積み重ね、親友として恋人として共有している(はずの)『生』の岸に翔を引き寄せていく。
ちょっと子供っぽくも感じるリレーは、そんな高校生たちの精一杯が詰まった手筋でして、巧く行って欲しいなぁと願えるものでした。
……ただマジ翔面倒くせぇからなぁ、届くのかなぁ……『手紙』という秘密でつながった五人に、逆に疎外感感じそうなオーラすら漂っているからな、あの思春期モンスター。


そんなわけで、大筋としては大きなイベントに向けて道筋を整える回でしたが、グループ全員が『手紙』を貰っていると判明したり、『手紙』から離れた行動を重視してみたり、色々変化もありました。
最初は自分事と捉えていなかった『手紙』に次第に共感し、行動を通じて身近な存在として捉え、その結果運命が切り替わって『手紙』が頼りにならなくなる。
こうして見てみると『手紙』はSFガジェットであると同時に、典型的な親/指導者/年長者であり、『手紙』との関係が移り変わることがすなわち、菜穂の人格的成長を映し出しているのだと分かりますね。
魅力的なガジェットをただの物品で終わらせずに、作品のテーマを反映させるフェティッシュとして機能させられているのは、やっぱ強いな。

『手紙』を信じて行動すればするほど、『手紙』に頼ることができなくなるというジレンマは、なかなか面白いところです。
『手紙』はあくまで運命を帰るきっかけでしかなく、翔の自死を回避する結末は、結局『現在』の菜穂達が当事者性を持ってもぎ取るしかない。
しかし『手紙』がなければ運命は変わらなかったわけで、ただ頼れば良いのでも、ただ拒絶すれば良いわけでもない不思議な『手紙』との距離感が、ここに来て顕在化してきた気がします。
逆に言うと『手紙』だけに頼る孤独な戦いが終わったからこそ、同じ『手紙』を受け取った『現在』の仲間たちと協力する段階に入ったといえるのか。
『手紙』にしても『仲間』にしても、この物語でより良い結果を連れてくるのは常に『信頼』なので、翔を腫れ物のように扱うのではなく、『信頼』を込めて適切に踏み込むことが最終的には大事になるんだろうな。

後今回は、これまでスパイス的な使われ方をしてきた萩田の出番が増えてて面白かったです。
つかみどころのないぬるっとした性格ながら、やっぱこいつもいい奴で、その不器用でヘンテコな情をあずさとやり取りするシーンは、とても良かった。
菜穂-翔-須和くんは青春力が高い直球勝負で見せてくれるけど、メインにいないあずさ-貴子-萩田はちょっとズラした角度で青春の良さを見せてくれるよね。
ちょっと毛色が違う萩田がグループにいることで、ある種の換気の良さというか、内向きの閉じていく感じが薄れている部分が強くあるわけで、そんな萩田くんの魅力がどっさり出るシーンが多かった今回、凄く良かったです。
あずちゃんと良い雰囲気になっておるが、あずちゃん超いい子なんで付き合うのは許せん……いや萩田くんもナイスガイだから許す……いや許さん……どうしよう……。(キャラに入れ込むキモいおじさん)


そんなわけで、これまで菜穂を導いてくれた『手紙』に発達的な別れを告げ、『リレー』という選択肢に踏み出す回でした。
だいたい察してがいたけども、気持ちのいい奴らが『手紙』でつながった仲間であることも解って、話は全別の方向を舵を切り出した感じがあります。
この決断が、『翔の自死』という重たい結末を避ける道に繋がっているか、否か。

そこら辺は実際にやってみるまで判りませんが、ともかく彼らは勇気を出して決断し、真心を込めて踏み込んだのです。
それが報われることを祈りながら、今後も見守りたいと思います。
……この『こいつらいいヤツだから、マジ報われてくれよな』って気持ちになれるかどうかは、創作物が人を引き付ける上でマジ大事だなぁ……それを出すために、日常の空気を出す演出全力で頑張ってるわけだしな、このアニメ。

チア男子:第7話『歪み』感想

アニメ チア男子

情熱を燃やして前に進む青春レールウェイ物語、人数増えて最初の難関はガチ勢VSエンジョイ勢。
真面目過ぎて真っ直ぐぶち当たるしか出来ない尚史が、出来ない・やらない・やれない連中の事情を考えずに大暴走する回でした。
ミゾ考案のクリスマス・パーティーで上手くいくかなー、と思ったのもつかの間、事態は最悪の方向に転がりだして、下げ調子のまま引く形に。
今回表面化した問題点が解決するのは、来週以降になりそうですね。

と言うわけで、組織が大きくなればいろんな考えの連中が集まり、目的が違えば衝突も起きる、というお話。
ガチ勢がやる気を尖らせすぎて場の空気が悪くなっていく感じは『チアにかぎらずこういうの、あるわ~』という感じで、生々しいがゆえに早く解決して欲しくてしょうがなかったです。
そこで大事になってくるのが、能力や価値観の違いを受け入れられる寛容さなんですけども、尚史はとにかく余裕が無い。
チアに高い理想を持っているからなのか、楽しさを犠牲にしても結果を出したがるし、それを自分以外にも適応する結果、『出来ない』連中や『やれない』連中を拒絶する形になっちゃってます。
楽しくやり過ぎて『出来ない』ではなく『やらない』レベルになってるタケルも、尚史の理想に歩み寄らなさすぎだけど……そういう意味じゃ、倒立できるようになったサクはえらいね。

第1部でもトンやミゾといった『出来ない』連中はいたんですが、人数が少ないからか目標は統一されていて、『出来る』奴との溝はお互い歩み寄ることで埋まっていった。
しかし人間必ずしも適切な距離感を持っている奴ばかりではないわけで、組織としてスポーツをやっていく以上、能力や目標を的確に調整し、人間関係がスムーズに流れるよう対応するのも、先駆者の仕事になってきます。
当事者間の問題だけではなく、先輩・後輩や組織論に拡大した話になったのは、なかなか面白い運び方だと思いました。

旧メンバーが尚史の悪しきガチっぷりに悩んでいるシーンは多数描かれていますが、チアに一日の長はあっても組織運営は初めてな彼らは、なかなか有効な手が打てません。
ミゾ企画のクリスマス・パーティーで親睦が深まると思いきや、問題の根本に分け入らない表面的解決策では、事態を悪化させるだけでした。
新メンバーが個人的問題に悩む中で、そういうものを一回乗り越えた旧メンバーは組織的問題に悩むという、ちと重層的な構造になっとるわけですね。


しかし個人が集まって組織を作り、組織は個人で出来ている以上、2つの問題は同根です。
尚史が『出来ない』『やれない』『やらない』他人を受け入れられないのは何故か、彼の人格を支える根っこを掘り返さないと、問題は解決しない。
尚史がBREAKERSを辞めて解決ってルートもありますが、まぁそれは夢がなさすぎて、正当スポ根としては選べないチョイスでしょう。
予告を見るだに『最悪の選択肢』として顔を出すけど、選ばない感じかな?

チア以外の生活も重視しているバイト勢や、自分なりの努力を積み重ねて倒立できるようになったサクはさておき、自分の意志で『やらない』から『出来ない』タケルに尚史が噛みつくのは、無理からぬところです。
尚史の過剰なガチっぷりも組織を壊すけど、全国大会という公共の場で、厳しく審査されることを目標にしている以上、ただ緩いだけのタケルのやり方も、BREAKERSに相応しいとはいえない。
いろんな考えを持つ連中が寄り集まる組織には、『我々に相応しい目標とは何か』というヴィジョンを共有し、それに基いて個人の意志を調整する必要があるのに、旧メンバーは組織運営に不慣れ過ぎて、共有可能な目標を明確化できていない。
やっぱり今回表面化した問題は、個人の問題であると同時に組織の問題でもあり、ハル達先輩が道を示さなければ解決しないのでしょう。

ハル達が組織運営の素人な以上、誰かが指導してやるのが手っ取り早い解決ではありますが、高城コーチはあんまり出張ってきません。
あくまでチアーの技術を指導領域と定めているのか、自分で気付くのを待っているのか、ここで答えを言ってしまったら『チア男子』ではなく『チア指導者の話』になってしまうからか。
物語的な理由はさておき、大人の支援が期待できない以上、先輩のド素人であるハル達が自分で気付くしかないんだけども……予告を見るだに、ハルが尚史個人に分け入っていって、問題を解決する感じかな?
衝突している個人に踏み込むことで問題が解決し、それが形式を整える足場になるって方法も全然OKだと思うので、巧く収めて欲しいところです。


と言うわけで、ガチ勢がやる気ソードをぶんぶん振り回した結果、組織が壊れかける話でした。
高い自意識振り回している尚史も、単純にやる気ないとしか思えないタケルも、多様な個性を調整する組織づくりができていないBREAKERSも、それぞれ問題ありって見せ方でしたね。
人間が集まってチアをやる以上、いつかは表面化する問題だったわけで、逆に考えれば結束を強めるための試練にもなるでしょう。

いわば『出題編』とも言える今回を受けて、『解決編』ではどういう方法で問題を乗り越えるのか。
尚史やハル個人の資質だけではなく、組織としてのBREAKERS運営にも興味が高まるエピソードでした。
あと流石に作画がヘロッヘロになってきたので、なんとか持ち直してほしいな……。

プリパラ:第110回『水泳大会ぷり!イゴ!』感想

アニメ プリパラ

アクティヴレイドだけに水着回はやらせませんぞ! とばかりに、キチった肌色回で殴りこみをかけてきた女児アニ。
こっちもいろんなキャラてんこ盛りの賑やかな展開の中で、のんちゃんの仲間探しあり、どうにも『トモダチ』を信じ切れないひびきあり、リーダー同士の友情あり。
複数の軸でアッパーなテンションを支えきる、プリパラらしい息抜き回だったと思います。

お話としては第8話『ドキドキ!夏だ!水着だ! プールでかしこまっ♪』と第63話『トモチケは世界を救う』を融合させたような話で、両方の脚本をやった福田さんのテイストが全面に出た作り。
アイドル水着バラエティ特有の『とにかく推しが出てりゃ、中身の方はどーでもいいだろ?』というノリの再現とか、おざなりに差し込まれるステージワイプとか、大量のキャラを入れこむ器の作り方がまず上手い。
ここにざっくりと懐かしいキャラ含めて大量に盛り込みつつ、ときどきあじみで場をひっくり返してノリよく進めていく気持ちよさが、プリパラの強みを活かしていてよかった。
出るキャラを絞って軸をハッキリさせた展開も面白いけど、色物含めていろんな奴がいる面白さもプリパラの魅力なわけで、こういう賑やかな回があると作品の魅力を思い出せるわけです。

そういう賑やかさに押し流されるだけではなく、必要な要素をクッキリ描く巧さもあるのが今エピソードの良さ。
同じ出自を持つファルルとジュルルの触れ合いだとか、着実に発達段階を踏むジュルルが『泳ぎ』という新しい発育を見せたりとか、ソラミVSドレシVSガァルマゲの三軸構造だとか、ネタに紛れてプリパラの『今』をしっかり描いてくるのは、さすがの巧さです。
こういう形で現状をまとめてもらえると、キャラが増えてもこれから何が起こるのか、何をするべきか迷わずに済むので、視聴者的にはありがたい限りだ。
状況が止まってきたらあじみを暴走させてひっくり返せばいいしな……こういうジョーカー的な扱いをし続ける限り、人格としてのあじみを掘り下げるチャンスは来ないということでもあるが。


賑やかで楽しい展開と現状確認を巧妙にこなすだけではなく、今後の展開に繋がる課題も手際よく並べられているのが、今回の巧さ。
賑やかな水着バラエティーで目立つでもなく、今後のために仲間探しをするのんちゃんだけど、既存メンバーとはウマが合わず、今回は見送りになってました。
この後あの子とあの子を引き連れ、新ユニット『ノンシュガー』で殴りこみをかけてくるのは確定した未来なので、そこに上手く繋げる描写だったなと思います。
一人でユニットすら組めてしまう天才肌が、『トモダチ』作りというプリパラの基礎教養に欠点を抱えているのは、ちょっと面白いね。

同じく『トモダチ』を信じ切れないひびきが、それでもプリパラ好きすぎてくっそ下らない水着バラエティーを見続けてしまう様子も、今回しっかり描かれていました。
後ろめたそうに視聴の痕跡を隠す姿は、まるで嫁さんがいぬ間にAV見てるオッサンみたいで死ぬほど面倒くさかったですが、その面倒くささが今のひびきなわけで。
既に自分用のイベントをこなしたふわりは、理解者ッ面で見守ってますけども、はたしてふわり(やらぁら)の性善説的アプローチでひびきのこじらせた人格を掘り返しきれるかは、どうにも確信が持てないところです。
水と油にしか思えないジュルルと触れ合うことで、何らかの化学反応が起こり事態が変化すると良いんだけど……それは来週以降かな。

Bパートでもりっもりポイントを稼いでいたのはみれぃ&シオンのWリーダーでして、サンライズアニメでお馴染みの無人島漂着展開を経て、素直になれない頭脳派どうし、思う存分キャイキャイしてました。
『『ここでプリチケを出してくる!』』のシンクロ具合とか、相合傘とか、爽やかにお互いを認め合う友情の濃度とか、シオみれ好きな人としてはありがたい限りの展開。
実際、シオみれは掘り下げたら面白そうな組み合わせなのに、あんまり描写がないもどかしい間柄だったので、今回ガッツリと気持ちが描かれて非常に良かったです。
こういうお姉ちゃんたちがいるから、他のメンバーが安心してユニット出来てると見せる意味でも、頼れる二人の関係性が掘り下げられたのはグッドだったな。

しかしあの木、相合傘が描かれている割には具体的な名前は消えていて、ちょっと不穏な感じもします。
『神アイドルグランプリ』は三年目のプリパラを貫く大きな軸なので、今回のイベントをフックにして、しばらく立ったあとでまた転がす伏線だったりすんのかなぁ。
単純に、神GPは勝者の名前が残らないほど昔からやっていて、その階段に主役たちが足をかけたって演出かもしれんけどね。
どっちにしても、こういうエモいエピソードが入ることで神GPがただのイベントではなく、キャラクターの感情を受け止めるのに相応しい試練として機能するわけで、必要なところに必要な球が来た感じが強くあるね。


そんなわけで、バラエティ豊かな楽しさ、忙しないキャラクターたちの現状整理、今後の展開への伏線張りなどなど、いろんな事を盛りつけつつまとまった、素晴らしいエピソードでした。
ともすれば過積載で掘り下げ不足になりそうなところを、腕力のあるギャグと展開の速さでテンポよく進めて、過不足なく描き切ってしまう手腕には、まっこと感心しきりであります。
あれだけエモい関係を書いておいて、ツイッターでは『え? これが百合なんですか?』だもんなぁ……福田さんすげーわ、マジ。

んで来週は、思う存分面倒くさいところを振り回しているひびきのターン。
ノイローゼになったり嫌われたり一緒に暴れたり、他のキャラも上手く掘り下げてきたジュルルと向かい合うお話がやってきます。
別に優等生顔で『子供の純朴さで、僕の捻れたトラウマも治ったよ!!』なんてこたーやってくれなくていい(というか、そういう話じゃないのはドロシーが既に証明した)ので、思う存分紫京院ひびきらしく、面倒くさく自分と向き合って欲しいと思います。

三年目のひびき、『状況がこじれて面倒である』って描写は多いんだけど、そこに踏み込んで『こじれた先にどこに行きたいのか、行くべきなのか』を規範以上に示せてはいない感じだしね。
常に『異物』として描かれてきたジュルルが、ひびきにどんな爆弾を投げかけ、二人がどんな反応をするのか。
そっから先の物語はまず変化が起きてから見つければいいと思うので、来週は思う存分暴走して欲しいもんです。
……ソッチのほうが展開がキチって、見てて面白いしな!