読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマワノキワ

TRPGやアニメのことをガンガン書き連ねていくコバヤシのブログ

セイレン:第12話『桃乃今日子 第4章 ハツコイ』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。幼かったぼくたちの日々が終わる…今日子編、そしてセイレン最終話ーッ! というわけで、甘酸っぱい青春ど真ん中ラブストーリーと、高難度の変態芸が同居するトンチキアニメもラストエピソードである。最後まで自分らしくしっかり走りきって…

セイレン:第11話『桃乃今日子 第3章 カクセイ』感想ツイートまとめ

今回の話しに直接引っかかる、アイカツスターズ29話感想はこちら。(再掲)https://t.co/9c2PtOLEKT昔の自分が何を考えたか確認できるのは、ブログ書いてて一番便利なところだ。今回気になったポイントと同じことを、5ヶ月前も考えていたんだなあ。— コバヤ…

セイレン:第10話『桃乃今日子 第2章 オサガリ』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。『俺がフリッカーしか打てないと思ってたか? ダウンが取れるストレートがあるから奇手は刺さる。超高校級の幼馴染を喰らえ!!!』とばかりに、高校生の甘酸っぱい恋が全力疾走するお話だった。イヤホント、今日子が癖なく可愛く健気で、ト…

セイレン:第10話『桃乃今日子 第2章 オサガリ』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。『俺がフリッカーしか打てないと思ってたか? ダウンが取れるストレートがあるから奇手は刺さる。超高校級の幼馴染を喰らえ!!!』とばかりに、高校生の甘酸っぱい恋が全力疾走するお話だった。イヤホント、今日子が癖なく可愛く健気で、ト…

セイレン:第9話『桃乃今日子編 第1章 カテイブ』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。ついにラストラップ、桃乃今日子編開幕ッ! と身構えてきたら、突然ショタ魔法少女女装というビーンボールをドタマにぶちかまされる。それがセイレン。しかし今日子ちゃんはクセのない素直で可愛い幼馴染であり、相変わらずゴークレイジーな…

セイレン:第8話『宮前透 第4章 モフモフ』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。宮前先輩編完ッ!! というわけで、最後のブースターである都産貿のイベントでポイントを溜め込み、夜の公園で大勝利するお話。常木さんがややビターな『これから』を想像させる終わり方だったのに対し、二人で未来にたどり着くところまでし…

セイレン:第7話『宮前透 第3章 ブラコン』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。宮前先輩第三話というわけで、彼女が隠していた問題を知り、周囲のアシストを受けつつ踏み込んでいくお話。異常に濃いレトロゲームネタを投擲しつつも、ソーシャルゲームの楽しみにも通じる『みんなで遊ぶ楽しさ』『話題としてのゲーム』を…

セイレン:第6話『宮前透 第2章 タイセン』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。宮前先輩編、起承転結の承ってことで、先輩の問題点が明らかになり、男達の楽園が終わるお話。無自覚だからこそサークラの姫っぷりを加速させ、ガチ勢特有の押し付けで場が荒れる。ゲームという行為へのメタフィクションとしても、結構面白…

セイレン:第5話『宮前透編 第1章 コウカン』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。常木さんとの青春は一旦幕を閉じて、時を巻き戻して別の可能性を。色んな女の子とキャイキャイしたーい!! という欲望に素直な展開だが、蓋を開けてみたら頭のおかしい女と頭のおかしいゲームで頭おかしく仲良くなってく、頭おかしい第1話…

セイレン:第4話『常木耀 第4章 ホシゾラ』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。常木さん編最終章! というわけで、二人の青春がどこに流れ着くかハラハラしながら見守っていたが、恋は成就しないが少年は己の道を見つけるという少しビターな運びを、五年後の再開で巧くまとめ非常に爽やかな終わりであった。甘すぎず苦す…

セイレン:第3話『常木耀 第3章 オトコユ』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。常木編起承転結の転! というわけで、密室で距離が近づいたり、地雷を踏んで離れたり、行ったり来たりしながら夏期講習という特殊な時間は終わり、日常がやってくる。素直になれない小悪魔と、目のつけどころがシャープすぎる主人公の恋はど…

セイレン:第2話『常木耀 第2章 ヤマオク』感想ツイートまとめ

セイレンを見る。常木さん編第二話、起承転結でいえば承ということで、主人公とヒロインのトンチキな純情が加速していく話だった。やってることはむっつりエロスの大暴走なのだが、随所に知性が光るせいか妙に風通しが良く、甘酸っぱい関係構築を楽しんで眺…

セイレン:第1話『常木耀 第1章 ケツダン』感想

セイレンを見る。当方アマガミ・キミキス・TLS未修了ながら、バカ男子高校生の不安と恍惚を楽しく演出する、良い出だしだと思いました。台詞回しやテンポが独特で、いわゆる『ギャルゲーアニメの定形』からズレている部分が、不思議とカチッとハマる感じが楽…