読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマワノキワ

TRPGやアニメのことをガンガン書き連ねていくコバヤシのブログ

プレイレポート 16/08/07 デレマスBBT『毒茸伝説』

昨日はよねちょくんGMでデレマスBBTを遊びました。

シナリオタイトル:毒茸伝説 システム:デレマスBBT GM:よねちょくん

二次元くん:"アルテウルキラリ"諸星きらり:15歳女性:執行者:アタッカー おっきな体に優しいボディを持った、正義の宇宙人と人間のハーフ。自分の力をどう使いこなすか、常に考えているオヤサシ巨人。変身時の掛け声は『ニョッワッ!』

新米くん:"鮮血魔嬢"エリザベート・バートリ:10代女性:アイドル=伝説の英雄=都市伝説=御伽噺の住人:ディフェンダー FGOレルムから召喚された、かの血の伯爵夫人その人。龍の因子を声に宿し、虐殺の過去にして未来をいかにして償うか悩みつつ、アイドル活動に勤しんでいる。

田中くん:"世はすべてこともなし(ハッピーライフワーク)"双葉・Y・杏:15歳女性:邪神の分霊:サポーター なんでもこなせる、無気力系天才アイドル。その正体は魔術的詐称を駆使して製造されたヨグ=ソトースそれ自体であり、現実を書き換え事実を作り出す万能に飽き果てている。人間時代の遠い夢に憧れ、アイドルに戯れる日々を過ごしている。

コバヤシ:"魔滅の刃"国木田花丸:15歳女性:魔剣:アタッカー 始皇帝の剣とともに生まれ、魔を滅する生き方以外知らなかった"寺"生まれの少女。親友とアイドル活動に出会い、不器用にスクールアイドルの輝きを求めている内浦レルムの住人。CPにはレッスン生として、東海道線鈍行で通っている。

というわけで、PLの欲望が大暴走した結果スーパーアイドルフィクション大戦と化したデレマスBBT From うぃるきん村さん(http://dappleox.web.fc2.com/wilkin-village/deremasBBT/)でございます。

僕はアイドルという存在にも、アイドルフィクションにも結構な興味を持っていて、BBTという受け幅の広いシステムを利用し、別作品のキャラを投げることで一種の化学反応が生まれないかなぁと思ってラブライブ!のキャラを投入したわけですが、GMを不安にさせちゃったみたいで申し訳ない。でも一度やってみたかったんだよ、スーパーアイドルフィクション大戦ッ!!(言い訳)

実プレイの方はドミニオンハックを楽しみつつ、別レルムの連中が『半魔』と『アイドル』を縁に繋がり合う、スパロボというか東映まんがまつりというか、クロスオーバーなセッションになりました。もう二次創作ですらない不思議な何かですが、こういうケイオスな状況をゲームの枠の中で楽しみきれるのは、TRPGという当事者性の高い遊びの面白いところかなという気がします。

作品愛が過ぎて自キャラだけ見てるとセッションにはならんわけで、楽しかったのは『他人の顔とキャラシートを見る』という、ゲームの基本がしっかり出来ていたからかなぁと思う。過ぎた愛情は受け止めきれないことも多々あるので、その制御は常に大事よね。

シナリオの方は素直な導入と、意匠を凝らしたドミニオンダンジョンが楽しい、素晴らしいシナリオでした。細かいクスグリだけではなく、『誰かを助けたい』という太いモチベーションがしっかりあるのは、ゲームに迷わずにすんでとてもありがたい。

僕は花丸の皮を被った一刀の修羅をやってました。良いの! 俺の中の国木田花丸性は己の物語をどうやっても実感できない離人性なの!!(どこに向けたかわからない言い訳)『人間のふりを続けるために、アイドルにしがみついている人外』という共通点があるので、杏ちゃんとは特にロールプレイが共鳴しましたね。

というわけで、色んな意味でなかなか稀有なセッションとなりました。しかしほんとうに楽しいセッションだった。同卓していただいた方、ありがとうございました。